交通事故と弁護士

皆さん、交通事故関係において、そもそもどういう時に弁護士が

関わるのかをご存知ですか?

弁護士相談の主な分類

* ケガの状態が悪く後遺症について考えている。

* 過失の割合がまだ正式に決まっていない。

* きちんとした形での示談を望んでいる。

上記の3つが主な分類となります。

どの項目も当院に通院された患者様の生の声でもあります。

つまりそれだけ悩んでいる方が多いと言う事です。

 
実際には、

『自信ないなぁ。』

『どうしたら良いんだろう。』

『詳しくないから分からない。』

こんな方は、

遠慮せず弁護士へ相談する事をおススメします!

広島市 あさひ整骨院|確認必須!任意保険の弁護士特約

『弁護士って敷居が高い。』

『そんなに事を大きくしたくない。』

『面倒そうだし…。』

『弁護士費用がかかるんでしょ?』

と思われる方が多いと思いますが、その心配はございません!

 最近では、交通事故の患者様の救済に力を入れている弁護士も

多くなってきています。親切に対応して下さいますのでご安心ください。

また、示談までの事は弁護士が全て解決して下さいます。

こちらもご安心ください。

そして弁護士費用ですが、任意保険の特約に、

“弁護士費用特約”というモノが存在し、

 上限300万円(税込)が補償されています。

今一度、ご自身の任意保険の証券を確認しておきましょう。

そして、未加入の方は今からでも加入される事をおススメします。

弁護士に関しましては、保険会社様からのご紹介などもありますし、

ご自身で探される事も可能です。しっかり調べてご検討ください。

万が一、どう探して良いのか分からない場合は当院でもご協力致しますので、

お気軽にご相談ください。

0822553515