交通事故による手首・肘の痛み

交通事故での治療と言えば、首のムチウチや腰の痛みを

思い浮かべる方が多いと思いますが、事故で2番目に多いケガは、

腕や手のケガと言われている事をご存知でしょうか?

交通事故で手首や肘を痛めるのは、バイクや自転車、歩行時での転倒により

強打するケースや、衝突された時に強烈な外力で痛めるケースなどがあります。

また、運転手は衝撃によりハンドルを握っていて手首を痛めたりします。

シートベルト着用しないと手首や肘へのダメージも大きいのです。

その結果、手首や肘の動作時痛や可動域制限が生じます。

広島市 あさひ整骨院|手首の痛みが続くなら

交通事故によって手首に強い衝撃を受けると、痛みや腫れ、

手首の違和感、手首を捻る運動が制限されてしまいます。

手首の捻挫と診断され、痛みがなかなか治まらない。

そんな手首の痛みはTFCCかもしれません。

TFCCを手首の捻挫と勘違いしてしまう原因は、整形外科でも

見逃されてしまう可能性が非常に高いケガだからです。

TFCCは軟骨と靭帯によって出来ている組織です。

どちらもレントゲンには映らないので、ただの捻挫と判断されてしまう

可能性が高いのです。

広島市 あさひ整骨院|手首・肘の痛みの治療法

まず、腫脹・熱感が強くあればアイシングをして炎症を抑えます。

そして症状を確認させて頂き、超音波治療、マッサージ、肘・手首の

関節の調整等を行うよう治療していきます。もし、交通事故に遭われ

手首・肘の痛みが長く続いているかた、一度あさひ整骨院へご相談ください。

0822553515