交通事故に遭ったら

  • まず、警察に連絡しましょう
  • 加害者の情報確認をする
  • 保険会社に連絡をしましょう
  • 事故直後に示談するのはNG
  • 病院にも必ず行きましょう

「まさか、自分が交通事故に遭うなんて・・・」

自分自身が注意をしていても、交通事故に遭ってしまう場合があります。

もし事故に遭ってしまったら・・・その時は動揺してしまい、

何をしたらいいのかわからなくなる可能性もあります。

下記の事を頭に入れて、遭わないのが一番ではありますが、もし交通事故に

遭ってしまった場合の心の準備をしておきましょう。

何かありましたらいつでもあさひ整骨院へご相談ください。

 

広島市 あさひ整骨院|交通事故に遭ったら・・・・

1.まずは警察に連絡しましょう

まずはすぐに警察に事故があったことを連絡しましょう。

番号は『110』です。警察に届け出ると交通事故証明書が貰えます。

これは後々、保険会社と保険金のやり取りをする際に必要です。

加害者の中には警察に届け出をしない方がいらっしゃいますが、届

け出をする事は義務になってますので、必ず届け出はするようにしましょう。

これを示談や物損事故で処理してしまうと、後で治療費が請求出来なくなる

ケースもあるので注意しましょう。

2.加害者の情報確認

車を運転していた加害者側運転手の

名前、年齢、住所、電話番号、車種、車のナンバー、入している自賠責保険、

任意保険などは確認しておくようにしましょう。

3.交通事故にあったら保険会社に連絡しましょう

保険会社への連絡は、被害者と加害者両方する必要があります。

保険会社への連絡が遅れてしまうと治療も受けれなくなるケースがあるので

ず連絡をしましょう。

4.事故直後に示談するのはNG

示談交渉は、交通事故の治療期間が終わって、それらに掛かった費用が

明らかになった時にするようにしましょう。

安易にその場で署名に捺印や示談書に記入するのはやめましょう。

事故を起こしたら警察に連絡して、解決は必ず当人同士でなく専門家を

挟むようにして下さい。

5.病院にも必ず行きましょう

交通事故後は体が興奮状態にあるので、痛みを感じにくい事があります。

その為、事故後数日後に痛みが強く出るケースが多いです。

交通事故後に痛みがなかったのでそのままに放っておくと、

後で取り返しのつかない事になる事もあります。

痛みが無くても必ず病院には行きましょう。

0822553515