交通事故保険について

◎交通事故保険って何?

交通事故保険とは大きく分けて、

自賠責保険(強制保険)と任意保険があります。

自動車を運転する上で、万が一、交通事故に遭ってしまった場合に、

この2つの保険はとても大切になってきます。

交通事故保険について詳しく説明していきます。

広島市 あさひ整骨院|自賠責保険と任意保険

自賠責保険

自動車損害賠償保険法によって、自動車に義務付けられている保険です。

自動車事故被害者の最低限の救済を目的とした、“強制保険”で、

車を持つすべての人が加入することになっています。

任意保険

加入が義務づけられていないものであり、上乗せ保険とも呼ばれています。

自賠責保険だけでは不足している補償面をカバーすることを目的とした

任意の保険です。

広島市 あさひ整骨院|自賠責保険と任意保険の違い

自賠責保険と任意保険の大きな違いは、保険金の支払いの“対象”が

異なることです。自賠責保険は、最低限の被害者救済の為で、保険金が

支払われるのは「相手の死亡やケガ」に対してのみです。

一方任意保険は、自分自身のケガ、人の車の修理費用なども対象に含まれます。

広島市 あさひ整骨院|補償内容の違い

自賠責保険の保険金には限度額(120万円)が設定されています。

その為、支払限度額を超えた分や、自分自身のケガや車両の

修理代などについての補償はありません。

その点、任意保険は対人や対物の賠償保険を無制限に設定することが

可能です。無制限とは、自賠責保険の補償額の限度額を超えた場合に、

その足りない金額を補償することができます。

 

自動車を運転する上で、誰もが加害者になってしまう可能性があります。

万が一の事も考え、任意保険に加入することは、とても大切になってきます。

何かお困りの事がありましたら、あさひ整骨院までご相談ください。

0822553515