交通事故でのダッシュボード損傷についてー広島市あさひ整骨院

2013年11月12日

こんにちはsunwink

 早いもので、今年もあと1か月半となりましたねsweat01

 毎年思うことですが、1年があっという間に過ぎる感じがしますcoldsweats01

 さて今回は、紹介させていただくことは、ダッシュボード損傷についてです。

 

交通事故に遭うと、大半はムチウチ損傷を伴うことが多いですが、事故でのケガはムチウチだけではありません。

 車の衝突の際に、ダッシュボードに膝をぶつけて、その外力で、膝の後ろの靭帯を痛めることが多いです。

 これをダッシュボード損傷(後十字靭帯損傷)と言います。

 001.JPG 真ん中にある靭帯が後十字靭帯です。 

 中には膝をぶつけた衝撃が股関節まで伝わって、股関節を損傷することもあります。同時に膝蓋骨骨折、脛骨の骨折、骨盤の骨折、内側側副靭帯損傷、股関節後方脱臼を伴う恐れもあります。

 

 症状については、膝蓋骨(膝の皿)を中心に痛みが出ます。

後ろの靭帯は、前の靭帯に比べて、痛みや機能障害の自覚が少ないですが、それでも痛みと腫れは出現します。

 

治療については、後ろの靭帯の単独損傷であれば、大腿四頭筋(太もも前面)の筋力訓練を中心とした保存療法で、回復に向かいます。

 

交通事故ではムチウチだけでなく、膝や股関節などの損傷もありますので、注意して運転したいですねrvcar交通事故に関して、ご質問等があれば、当院までご連絡ください。

 

あさひ整骨院
http://332049.com/

美療サロン『La・Terre』スタッフブログ (あさひ整骨院 併設)
http://ameblo.jp/laterre-hiroshima/

口コミサイト『エキテン』
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/?tnm=rb 

 

0822553515

アーカイブ

               

あさひ整骨院HP