手軽に乗れるが危険もいっぱい!?~自転車の事故予防~

2019年06月29日

こんにちは! 広島市南区皆実町、中区千田町で 交通事故治療や産後の骨盤矯正を行なっている あさひ整骨院です!

県内はやっと梅雨入りし、雨の降る日も多くなることが予想されます。比例して事故の起こる可能性も高くなりますので、雨天時の運転には、十分お気を付けください。また、来週から7月に入り、7月は夏休みもあり、小、中学生が昼間に出掛ける事も多くなるかと思います。そこで、今回は手軽に乗れる自転車のついてお話しさせて頂きます。

 

自転車事故は◯◯に多い!?

自転車は、自動車や原付バイクと違って運転免許は必要なく、年令制限もありません。そのため、小さいお子さんからご年配まで、自転車に乗っています。そのように、気軽に利用できる乗り物として多くの方に利用されている自転車ですが、気軽に利用できるが故に事故も多く発生しています。調べによると、2013年に発生した交通事故全体の2割は自転車が関連した事故であり、その割合は増加しています。また、自転車関連事故について発生時間帯として、通勤、通学の朝8時~10時と夕方16時 ~18時に多く発生しているのです。ここで、広島県での事故多発ポイントを紹介させて頂きます。

 

どんな場所で事故が多いのか

自転車事故は『自転車対車両』の形態が圧倒的に多く,その中で「出合い頭衝突」が多く,全体の約6割を占めています!また、見通しの悪い交差点や狭い道から広い道に出るタイミングや、一時停止の交通規制がある交差点などでは,必ず一時停止して安全を確認も大切です。歩道では歩行者が優先なので、車道寄りを徐行して通行し,歩行者に道を譲ることが事故回避のポイントにもなります。

 

自転車側でも加害者に

2013年、当時小学校5年生だった少年(15)が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、神戸地裁は、少年の母親(40)に約9500万円という高額賠償を命じた。5年近く前に被害に遭った女性(67)は、事故の影響で今も寝たきりで意識が戻らない状態が続いているだけに、専門家は高額賠償を「妥当」と評価されました。一方で、保険加入義務がない自転車の事故をめぐっては、高額な賠償命令が出されるケースも多く、自己破産に至る例も少なくないと言います。交通事故=車のイメージですが、自転車側が加害者になるケースも少なくないのです。

 

ご存知ですか?自転車の保険!

全国の自転車の保有台数は7千万~8千万台で、うち約3千万台が普段利用されていると見られています。しかし、自転車保険の加入率について、「10%に満たないのではないか」と言われています。自転車保険の他にも、個人賠償責任保険と言う保険もあります。この保険は、火災保険や自動車保険、傷害保険などに特約として付けるのが一般的です。自分自身の備えとしてはもちろん、子どもや家族の万が一のためにも、自転車保険や賠償責任保険の加入を検討しましょう。また、すでに加入されている方も、現在の補償内容を確認することをおすすめします。何かお困りのことがありましたら、いつでもあさひ整骨院へご相談ください。
吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

 

雨の日の子供の交通事故の予防!

2019年06月23日

みなさんこんにちは!

皆実町・千田町で交通事故治療や、

産後の骨盤矯正を行っているあさひ整骨院です。

最近は時間帯によって暑かったり、寒かったり、

気温差があり、体調を崩される方も多い傾向に

あります。その加えぎっくり腰や、寝違え等の

怪我も多く発生しておりますので皆様、

十分にお気を付けてください。

 

さて、今回のテーマですが、雨の日の安全を

考えて、お子さんの雨具などを準備している

でしょうか。通いなれた通学路でも、雨の日

にはいつもと違った危険が潜んでいる場合が

あります。今回は雨の日を安全に過ごす為に

注意したいことをお話ししたいと思います。

 

雨の日はいつも以上に注意を

傘をさしていると大人でも視界が狭くなる

ものですが、とくに子供はうつむいて足元

を見ながら歩いたり、注意力散漫になった

りしがち。周囲に注意を向けずに歩いて

いると、すれ違う車や自転車に気付かずに

いたり、危険を見落としたりしてしまうか

もしれません。

 

車のドライバーも、窓ガラスやミラーなど

についた雨の水滴などで視界が悪くなり、

歩行者の発見に遅れる傾向にあるようで

す。

 

また雨の日は、路面も滑りやすくなってい

ますから、ブレーキも利きにくくなってい

ます。いつも以上に注意が必要。一層、

通ルールを守ることが大切になってきま

す。無理な横断や飛び出しは大変危険で

す。

 

車のスリップ事故の巻き込みに注意!

雨の日の登下校でとくに気を付けたいの

は、通学路でもよく見かけるマンホールの

ふた。濡れていると歩行者だけでなく、車

やバイク、自転車も滑りやすいので、事故

の原因になることがあります。工事現場で

使われる鉄板や踏み切りの路線なども雨の

日は滑りやすいです。子どもが近くを歩い

ているときにスリップ事故が起きたら、巻

き込まれることも十分に考えられますね。

 

雨の日にそういった場所を歩くときは、車

や自転車が来ていないかよく注意するよう

に心がけてください。しっかり前を見て、

周囲に気を配りながら歩きましょう。お子

さんと一緒に雨の中を外出したときには、

傘の持ち方や、歩き方、危険な場所での確

認を練習させるようにしましょう。

 

雨の日グッズは子供の安全を優先して

雨の日には視界が悪くなりますから、遠く

からでも自分の存在を認識してもらえるよ

うにすることが大切です。

 

・赤や黄色などの目立つ色を身につける

長靴や傘、レインコートなど、どれかひと

つでも雨具を明るい色にすると、それだけ

で遠くからでも目立つようになるもので

す。購入する際には、なるべくパッと目に

付く色を選ぶといいと思います。

 

・リフレクター(反射材)を身につける

雨の日は薄暗いので、日中でもリフレクタ

ーが有効です。ランドセルにつけていて

も、雨の日は傘で隠れてしまうことがあり

ます。縫い付けたり、アイロンで接着した

りできるリフレクターも販売されています

ので、そういったものをレインコートや傘

などにつけると、より目立ちやすくていい

でしょう。

 

・傘は体に合ったものを

「濡れないように」と、つい大きめのサイ

ズを選んでしまいがちですが、傘が大きく

なればなるほど、子どもは周囲が見えにく

くなります。体のサイズにあったものを選

んであげてください。小さなお子さんであ

れば、レインハットやレインコートを併用

するといいと思います。前が見やすいよ

う、傘の一部が透明になっているデザイン

のものも販売されていますので、そういっ

たものを利用するのも有効です。

 

万が一交通事故に遭った際は早期治療を!

交通事故に万が一あってしまった際に、

大事なのは早く治療を受けることです。

早めの治療がその後の痛みの軽減を早め

る、発生を防ぐことにつながり、後遺症

を残しにくくなるからです。

もし、交通事故に遭いお困りの際は、

いつでも、あさひ整骨院へご相談くだ

さい。

吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

 

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

 

無保険車との交通事故

2019年06月13日

こんにちは(^O^)

広島の中区、南区にて交通事故による首の痛みの治療や

小顔矯正を行なっているあさひ整骨院です!

 

最近空気がモワッとして湿気が多く暑い日が続きますね(^_^;)

そしてそんな日はあまり汗をかいていないのに熱中症になる方が増えてきます!

ですので、日頃からこまめな水分補給をしっかりしていきましょう!

 

さて今回の交通事故の話ですが、、、、

『無保険車との交通事故』についてお話しさせて頂きます。

この無保険車というのは自賠責保険には加入しているが、任意保険に加入してない場合についてです!

 

 

はじめに

交通事故に遭ったとき、相手が無保険車の可能性は20%以上というデータが出ています。
単純計算をすると10回交通事故がおこるとそのうち2回以上は無保険車との交通事故になるということです!
これは非常に高い数字となっております 😥
いつ自分が遭っても大丈夫なようにしっかり知識を入れておきましょう。

 

もし無保険車と交通事故に遭った場合

よくある質問が1つあります。

Q.『無保険車と交通事故に遭った場合泣き寝入りするしかないのか?』

A .いいえ、そんなことはありません ❗

被害者請求もしくは自分の人身傷害補償保険を使えば慰謝料や治療費等を補償してくれます。

 

人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険について簡単にご説明させて頂きます。

①自分の過失の有無に関わらず、実際にかかった損害(入院・通院費等の治療費、休業補償、慰謝料など)を契約額の範囲内で補償してもらえる。

②示談交渉の成立に関係なく保険金を受け取れる。

③契約車両以外に乗っていた時の事故や、歩行中の事故も補償される。

④単独事故も補償される。

⑤相手が無保険車の場合も補償される。

このように人身傷害補償保険に入っていると広い範囲で補償される為、人身傷害補償保険にご加入された方がオススメです!

 

被害者請求とは

交通事故に遭った被害者が自ら、自賠責保険会社に対して後遺障害申請や保険金の請求を行う手続きです。

被害者請求のメリットは

①後遺障害等級の認定を申請する場合

②示談成立前に最低限の補償を受ける場合

③自身の過失割合が大きい場合

被害者請求のデメリットは

①書類の準備・手続きに手間がかかる

②自賠責保険の限度額までしか支払われない

あさひ整骨院ではこのデメリットの⦅書類の準備・手続きに手間がかかる⦆に関して、しっかりサポートさせて頂きます!

 

もし無保険車と交通事故に遭った場合はこの二つのどちらかを上手に使っていきましょう。
あさひ整骨院は弁護士、行政書士と提携しており、さらには交通事故専門士も在中しています。何かお困りの際はいつでもご相談ください!

 

吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

 

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

 

 

 

 

なくそう!飲酒運転

2019年06月7日

みなさんこんにちは!

広島市中区、南区で交通事故の治療や

産後の骨盤矯正を行なっているあさひ整骨院です。

6月に入り夏のような暑さが続く毎日ですが

今週の週末は広島の伝統のお祭り『とうさかん』が開催されます。

広島とうかさんの2019年の日程は、6月7日~9日で、

毎年6月の第一金曜日~日曜日までの3日間にわたって行われるそうです。

また、とうかさんに合わせて行われる、ゆかたできん祭では、

各エリアでゆかたにちなんだ様々なイベントが開催され、

トータルで約45万人もの人出で賑わうそうです。


歩行者天国

中央通り:12時~23時

最終日:12時~22時

 

開催エリア

  • 市內中心部一帯
  • 中央通り
  • シャレオ中央広場
  • 本通
  • 並木通り
  • 基町クレドふれあい広場
  • 東新天地公共広場

 

市內は交通渋滯による事故や飲酒運転の件數が増える傾向にあります。

くれぐれも運転にはお気をつけください。

今回は飲酒運転についてお話をしようと思います。

 

1年間事故件数

飲酒運転の事故件數,死者數ともに減少傾向にありますが,

いまだに1年で70件以上の飲酒事故が起きています。

平成30年の発生件數は,10月,11月が最多です。

事故件數は,40代が最も多く,次に50代となっています。

 

飲酒運転追放三原則

 

1 酒を飲んだら絶対車を運転しない。

2 酒を飲む席に車を運転していかない。

3 車を運転する人に酒を勧めない。

飲酒の機会が増える時期は,飲酒運転が原因の重大交通事故が心配されます。

アルコールは正常な判斷を狂わせます。

「お酒を飲む前」に考えてください。

飲酒運転の代償がとても大きいことを経験してからでは遅いのです。

飲酒運転は自分の意思です。

飲酒運転には「つい」や「うっかり」はありません!

「飲んだら 乗らない 乗らせない」を自分自身に徹底させてください。

・職場の同僚・友人と飲酒し運転

・帰宅途中にコンビニ等で購入したお酒を飲酒後運転

・自宅で飲酒のうえ、家族を迎えに行くために運転」「深酒をした翌朝に運転」・・・

など、飲酒運転を行う背景は様々です。

身近な家族・同僚が、飲酒運転を常習としていませんか?

アルコールで正常な判斷を失っている運転者には、

周囲の制止が必要です。

 

知っていますか?自転車も「飲んだら乗らない!」

 

「自転車だったら車じゃないし乗っても大丈夫」 とんでもない誤解です!

お酒を飲み自転車に乗った場合でも,飲酒運転は成立し,

酒酔い運転の場合,罰則も適用されます。

たとえ,少量のアルコールでも正常な判断を狂わせるのは車と同じです。

「飲んだら乗らない」を自転車でも徹底してください。

 

飲酒運転時の保険補償について

「飲酒運転」は道路交通法の「酒気帯び運転等の禁止」で

規定されている重大な違法行為です。

少しでもお酒を飲んだら車の運転をしないのが大前提です。

しかし、自分は絶対に飲酒運転をしないとしても、

他の車のドライバーが飲酒運転をしている

場面に遭遇するケースがあるかもしれません。

もしも、飲酒運転をしている車との事故に巻き込まれてしまったとき、

自動車保険の補償はどのようになるのでしょうか。

自分側が被った損害には自動車保険の補償がフルに適用されます。

相手方が飲酒運転という重大な法令違反、過失を犯していたとしても、

自分側が被った損害に対する自動車保険の補償には、

基本的に影響がありません。

自分や同乗者が死傷してしまった場合には、

第一に相手方が加入している自賠責保険から保険金を受け取ることができます。

また、相手方が自動車保険に加入していて

「対人賠償保険」をセットしているなら、

自賠責保険だけでは足りない分の損害に対しても、

相手方の対人賠償保険から保険金を受け取ることが可能です。

自分の車そのものや車に載せていたものが壊れてしまった場合は、

相手方が加入している自動車保険の「対物賠償保険」によって、

保険金を受け取ることができます。

自分や同乗者のケガや死亡を補償してくれる

「人身傷害保険」や「搭乗者傷害保険」、

車が受けた損害を補償してくれる「車両保険」も、

他の事故と同様に使用することができます。

飲酒運転側は自動車保険の補償が制限される

一方、飲酒運転をしていた相手方の自動車保険の補償は

どのように扱われるのでしょうか。

それは「飲酒運転という重大な過失により、自動車保険による補償が制限」

された状態になります。

飲酒運転をしていた相手方が、

自動車保険に加入していて人身傷害保険、

搭乗者傷害保険をセットしていたとしても、

運転者本人はこれらの補償を受けることはできないのが通常です。

・飲酒運転の罰則は飲酒運転をした本人、

・飲酒運転者に車両を提供した人、

・飲酒運転者にお酒を提供した人

・飲酒運転車に同乗した人

適用される場合があります。

飲酒運転は「絶対にしない・させない」ということを徹底しましょう。

 

吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

 

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

 

 

 

 

0822553515
               

あさひ整骨院HP