手軽に乗れるが危険もいっぱい!?~自転車の事故予防~

2019年06月29日

こんにちは! 広島市南区皆実町、中区千田町で 交通事故治療や産後の骨盤矯正を行なっている あさひ整骨院です!

県内はやっと梅雨入りし、雨の降る日も多くなることが予想されます。比例して事故の起こる可能性も高くなりますので、雨天時の運転には、十分お気を付けください。また、来週から7月に入り、7月は夏休みもあり、小、中学生が昼間に出掛ける事も多くなるかと思います。そこで、今回は手軽に乗れる自転車のついてお話しさせて頂きます。

 

自転車事故は◯◯に多い!?

自転車は、自動車や原付バイクと違って運転免許は必要なく、年令制限もありません。そのため、小さいお子さんからご年配まで、自転車に乗っています。そのように、気軽に利用できる乗り物として多くの方に利用されている自転車ですが、気軽に利用できるが故に事故も多く発生しています。調べによると、2013年に発生した交通事故全体の2割は自転車が関連した事故であり、その割合は増加しています。また、自転車関連事故について発生時間帯として、通勤、通学の朝8時~10時と夕方16時 ~18時に多く発生しているのです。ここで、広島県での事故多発ポイントを紹介させて頂きます。

 

どんな場所で事故が多いのか

自転車事故は『自転車対車両』の形態が圧倒的に多く,その中で「出合い頭衝突」が多く,全体の約6割を占めています!また、見通しの悪い交差点や狭い道から広い道に出るタイミングや、一時停止の交通規制がある交差点などでは,必ず一時停止して安全を確認も大切です。歩道では歩行者が優先なので、車道寄りを徐行して通行し,歩行者に道を譲ることが事故回避のポイントにもなります。

 

自転車側でも加害者に

2013年、当時小学校5年生だった少年(15)が乗った自転車と歩行者との衝突事故をめぐる損害賠償訴訟で、神戸地裁は、少年の母親(40)に約9500万円という高額賠償を命じた。5年近く前に被害に遭った女性(67)は、事故の影響で今も寝たきりで意識が戻らない状態が続いているだけに、専門家は高額賠償を「妥当」と評価されました。一方で、保険加入義務がない自転車の事故をめぐっては、高額な賠償命令が出されるケースも多く、自己破産に至る例も少なくないと言います。交通事故=車のイメージですが、自転車側が加害者になるケースも少なくないのです。

 

ご存知ですか?自転車の保険!

全国の自転車の保有台数は7千万~8千万台で、うち約3千万台が普段利用されていると見られています。しかし、自転車保険の加入率について、「10%に満たないのではないか」と言われています。自転車保険の他にも、個人賠償責任保険と言う保険もあります。この保険は、火災保険や自動車保険、傷害保険などに特約として付けるのが一般的です。自分自身の備えとしてはもちろん、子どもや家族の万が一のためにも、自転車保険や賠償責任保険の加入を検討しましょう。また、すでに加入されている方も、現在の補償内容を確認することをおすすめします。何かお困りのことがありましたら、いつでもあさひ整骨院へご相談ください。
吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

 

0822553515
               

あさひ整骨院HP