交通事故後にしてはいけない二つの事☝

2019年10月2日

こんにちは広島市南区、中区で交通事故による

ケガの治療を行っているあさひ整骨院です(^^)

 

10月に入り徐々に気温が下がってきたり、

あっという間に日が落ちるようになり、

秋らしさが出てきましたね。

急に気温が下がるこの時期は“ギックリ腰”

そして“寝違え”が多くなります(>_<)

これは寒さで血流が悪くなり、

筋肉にこわばりが出やすくなることなどが原因です!

寒いと勝手に肩に力が入り、すくんだりしますよね。

普段から「腰が重たい」「疲れが取れない

というような自覚症状がある方は要注意です!

ゆっくりお風呂に浸かったり、

ストレッチするなどして事前に予防しましょう☝

突然ですが、初めて自分が交通事故に遭った時

皆さんは冷静に対処出来ますか?

実際は「なにをすればいいのかわからない」

「パニックになった」などの声をよく耳にします。

その時の対応を間違えてしまうと、

後々被害者が不利になってしまうケースがあります。

では、どんなことをしてはいけないのでしょうか?

 

してはいけないこと その1☝

事故後の警察への状況説明の際、

自分の記憶とは違うことを言ってしまうと、

後で大変なことになるかも…

 

交通事故が発生するとまず警察に連絡します。

すると、交通整理と事故状況の捜査が始まります。

人身事故の場合、警察は現場状況を確認したら加害者、

被害者から話を聞いて書類を作成します。

この書類で後に加害者と被害者の過失割合を決めたり、

示談や裁判で参考にされる重要な書類です。

警察官は事故現場を目撃したわけではありませんが、

過去の事故などを参考にある程度の予測はしています。

このとき、実際にあったこととは

違うことがあるのにも関わらず、

訂正をせずにそのままにしてしまうと、

後々自分が不利になりかねません。

実況見分では、少しでも違うと思ったら

必ず訂正するようにしましょう。

してはいけないこと その2✌

事故で負ったケガの治療のために

通院していたことがある方で、

こんな経験ありませんか?

「調子が良いからもういいいか」

「仕事が忙しいから」など理由は様々ですが、

通院の間を空けてしまうのは良くありません。

ではなぜだめなのか?

後に体のどこかが痛んだり、体調が悪くなっても

交通事故との因果関係

認められなくなってしまうからです。

痛みの原因が本当に事故なのか、

それ以外のことが原因なのか、

証明できなくなってしまいます。

必ず、交通事故の直後には痛みの大小に関わらず

病院または整骨院を受診し、

痛みが治りきるまでしっかりと治療しましょう。

 

当院は弁護士、行政書士と提携しています。

体の痛みはもちろん、書類や難しい案件などすべての面で

患者様をバックアップできる体制を整えています。

一人で悩まず、まずはご相談ください。

 

 

吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

 

 

 

0822553515
               

あさひ整骨院HP