冬の交通事故

2019年10月28日

みなさんこんにちは!

皆実町・千田町で交通事故治療や、

産後の骨盤矯正を行っているあさひ整骨院です。

最近は朝晩の冷え込みがきつくなってきて

体調不良になる方がとても多いので、

皆さんも十分に気を付けください

それと毎年、年末年始には交通事故が急増します。

それは冬の道路や冬の環境が

自動車の運転の障害になるからです。

そこで今回は、交通事故はなぜ冬に多いのか、

科学的に証明されている原因を解説します。

 

日没が早い

交通事故は季節的な要因のほかに、

日没前後の薄暮れ時が危ないという時間的な

要因もあります。秋冬は日没が早いため、

薄暮れ時が早く訪れます。交通量が激増する

帰宅ラッシュと日没が重なるため、

交通事故の発生確率も高まるわけです。

日没に事故が増えるのは、急に暗くなることが

原因であると考えられています。

 

人の目は暗さに慣れるまでに時間がかかります。

薄暮れ時の運転はいわば

「昼間の目で夜の道を走っている」ようなものです。

またすっかり日が落ちて真っ暗になれば、

運転者はヘッドライトを点灯することを迷いません。

しかし、日没のころは

「まだヘッドライトをつけなくても大丈夫かな」

という心理になります。

 

路面の凍結と積雪

北関東や東北地方、北海道では、

12月は凍結と積雪の時期に入っています。

凍結した路面の運転には高い技術が必要です。

積雪の路面は凍結路面よりは

安全に走行できるのですが、吹雪によって視界不良

になることもあります。この場合、目をつむって

運転するのと同じなので危険度は一気に高まります。

 

忘年会による飲酒運転増加

飲酒運転による死亡事故だけに限ると12月より

初夏から夏にかけてのほうが多いです。しかし、

飲酒による交通事故の月別の発生件数は12月が

最も多くなります。飲酒運転による悲惨な事故が

これだけ発生していても飲酒運転はなくなりません。

12月に入るとクリスマスと年末と年始の雰囲気が

一気に街中に広がり、運転する人もしない人も

浮かれムードに包まれます。それで運転するときに

スキが生まれ、事故件数の増加につながっていると

考えられています。

 

冬の運転は注意力が散漫になる

冬は仕事納めやクリスマスなどイベントが多く、

とても慌ただしくなる季節です。

忙しさや慌ただしさは人の注意力を

散漫にする傾向があります。ですので、冬の運転では

通常の運転時よりも、ゆとりを持って運転することが

大切です。冬場に自動車を運転する際は、あらかじめ

以下のことをしておくと、

ゆとりを持った運転につながります。

 

・運転前に自動車に積もった雪を除去する

・フロントガラスの表面の氷の膜を除去する

・暖機運転 ・暖房の調節

・走行中に突如襲われるフロントガラスの曇り除去

・運転しやすい服装に調節(厚手のアウターを脱ぐなど)

・準備運動(寒さによってこわばった身体をほぐすため)

 

まとめ

自動車の運転は慢心しやすい特徴があります。

なぜならハンドルに軽く手を添えて、

アクセルに軽く足をのせるだけでスムーズに

走ることができるからです。

最近は運転アシスト機能も充実してきましたし、

これからは自動運転車も現れるでしょう。

しかし自動車は一歩間違えれば凶器になります。

そして秋冬は、その凶器の殺傷能力を

最も高めてしまうのです。

運転は1年中注意しなければなりませんが、

特に秋冬は「全力で注意」しましょう。

 

吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

 

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

 

 

0822553515
               

あさひ整骨院HP