急増!!高齢者の交通事故

2019年11月30日

みなさんこんにちは!

広島市中区、南区で

交通事故の治療や

産後の骨盤矯正を行なっている

あさひ整骨院です。

9月も残りわずかとなり

夏の暑さも落ち着き

気温差なども出てきて

季節の変わり目に多くなるのが

ギックリ腰などの急性症状も

増えてきますのでご自宅での

ストレッチなどのケアは

しっかりしておきましょう。

さて本日ですが

最近ニュースでよく目にする

高齢者の事故について

お話しさせて頂きます。

 

高齢者の保護

自動車を運転するときは

高齢者には以下のような

行動もある事を予測して

安全運転を心がけるようにしましょう。

①横断歩道以外の場所や

横断禁止場所を横断する。

前方に高齢者を発見した場合

高齢者の動きに注意して安全な

速度で運転するようにしましょう。

②見通しの悪い交差点でも

自転車で急に飛び出す。

飛び出してくるかも

しれないという意識は

に持っておきましょう。

③赤信号での横断。

信号が青でも高齢者の

動きに注意しましょう。

④車が接近してきても

車が止まってくれるだろうと

考えて横断を始める。

横断してくるかもしれないと

予測し危険を

回避するようにしましょう。

 

高齢運転者の傾向

これまで、高齢者の関係する

交通事故では

歩行中に被害者となることが

大半でしたが

最近は運転中に

加害者となるケースが

増えてきています。

高齢運転者の多くは

安全運転をされていますが

運転には個人差もあり

交通事故につながる

一般的な原因として

「加齢に伴う身体機能の

低下により発見や

回避が遅れがちになる」

「長年運転している

という経験から

自分の運転を過信している」

などがあり注文が必要です。

交通事故防止のポイント

運転前に体調の確認を行いましょう。

また、病気や服薬等の

状況によっては運転を控えましょう。

信号のある交差点

信号に従って停止、進行しましょう。

また、信号を見落とすことの

ないように注意し

右折するときは対抗者や

右折先の歩行者

自転車にも注意しましょう。

信号のない交差点

見通しの悪い交差点を通行

するときは他の車や人の

動きに注意し徐行又は停止して

安全を確認する。

一時停止の標識があるところでは

必ず停止し、左右の安全を確認し

標識の見落としに注意する。

 

まとめ

交通事故件数は年々減少していますが

増えているのが高齢運転者の事故です。

さきほどお伝えしたことなどを

意識して一件でも多くの

交通事故を減らせるように取り組みましょう。

万が一、交通事故に

遭ってしまった場合は

一度あさひ整骨院にご相談を下さい!

全力でサポートさせて頂きます!

 

吉岡整形外科病院から徒歩5分

平松整形外科病院から徒歩5分

広島大学付属病院から徒歩15分

 

「交通事故・むちうち治療情報ホームページ」
http://jiko-hiroshima.com/

「あさひ整骨院グループ公式ホームページ」
http://332049.com/

「交通事故・むちうちサポートダイヤル」
◆あさひ整骨院:本院(皆実町二丁目駅徒歩5分)
住所:広島市南区皆実町1‐19‐6
TEL:082-255-3515

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_1611147/

◆あさひ整骨院:御幸橋院(御幸橋駅徒歩10秒)
住所:広島市中区千田町3-11-7
TEL:082-546-9588

※患者様のWEB上の口コミはコチラ
http://www.ekiten.jp/shop_6993579/

0822553515
               

あさひ整骨院HP