あんまり良くならないから他のところで診てもらおうかな・・・

改善しない場合は、整骨院8:整形外科2の治療を試してみて!

整形外科と整骨院の併院について

交通事故に遭ってしまい、整形外科に行ったらよいのか?整骨院に行ったらよいのか?迷ってしまわれる方をよく目にします。
整形外科と整骨院では、治療においてそれぞれの得意分野があります。

広島のあさひ整骨院ではそれぞれを使い分けたりするのではなく、
併せて通っていただくことをオススメしております。

整形外科を通う利点というと、画像診断や薬の処方ができるところです。
交通事故後には、まず、骨折や骨にひびが入っていないか等をを検査する必要がありますので、整形外科でレントゲンを撮ってもらう必要があります。

また、整骨院の強みとしては整形外科のレントゲンには映らない靭帯・関節包や筋肉が関係するむち打ちや捻挫、挫傷・打撲といった怪我に強いというところです。
広島市のあさひ整骨院ではむち打ち・頸椎捻挫といった怪我や、病院のレントゲンの検査で異常がないのに数日経ったころに痛みが出てくるケースの早期改善につながるリハビリ・治療を得意としています。

整形外科と整骨院それぞれに良さがあるので、あさひ整骨院では併院することをお勧めしています。
同日の通院でなければ、自賠責保険を適用して整形外科と整骨院を併用して通院することができます。

メッセージ

「整形外科にずっと通っているのに、ぜんぜん痛みがとれない」
「途中からの転院って、嫌がられそう」
「転院したいけれど手続きが面倒」

など、さまざまな理由で転院を躊躇している方はたくさんいらっしゃると思います。

しかし、あなたが今の症状を本当に治したいと思うのであれば、あなたのことを 本当に思って治療してくれるところを探しましょう。

私どもは、交通事故、自賠責、ムチウチ治療を専門に行っています。
患者さんが治療に専念できるように、保険会社との面倒な手続きはすべて当院が行います。

転院を考えられている方も、患者さん自身が保険会社さんと連絡を取り合うのではなく、保険会社と当院が直接やり取りします。

転院を考えている方、迷っている方、まずはお電話ください。

0822553515

皆様からの声

靱帯損傷は軽傷のはずが、まさかの長期治療!

呉市 30代女性Aさん

交通事故に遭い右足を全体的を負傷したのですが、右膝の内側側副靭帯損傷と骨挫傷、膝下のすねあたりの腱損傷と診断されました。
右足のひざの周辺以外は打ち身程度で、全体的には軽傷とのことでした。

事故後、1ヶ月ほど経っても痛みが引かず、ひざのあたりは腫れていて、触ると痛みが走りました。

整形外科に通院していましたが、特に治療はないということで湿布のみ。
いつも痛いわけではなく、治まっては痛み、痛んでは治まるを繰り返していました。

こちらはホームページで知り、転院を決意。

整形外科では固定をしていたため、靱帯がかたく弾力がなくなっていたそうで、それをゆるめ、もとの状態に戻していく施術をしていただきました。

転院の手続きもすべておまかせでやっていただき、たいへん助かりました。
感謝しております。

※「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません